お客様本位の業務運営

1.お客さま本位の業務運営に関する基本方針

NP少額短期保険株式会社(以下「当社」といいます。)は、創設以来の経営理念として『「源流主義」の理念のもとに、すべてを原点から見直し既成概念にとらわれない自由な発想で、お客さまの「生計」「身計」「家計」「老計」「死計」に「あんしん」と「やすらぎ」をお届けし続ける集団』となることを掲げ、その実現に努力してきております。

今後も業務運営に当たっては、コンプライアンスを重視し、役職員一人ひとりが、お客様に対して誠実・公正に、また最善の利益を図る視点を持って業務に取組むとともに業務状況についてもホームページ等に公開し、「お客様本位の業務運営」が企業文化として定着するよう継続して努めてまいります。

2.お客さまの最善の利益の追求

お客さまのニーズを的確にとらえ、お客さまに対して不利益情報を含め丁寧な説明を行い、誠実にお客様目線に立った利便性を追求し、お客さまの最善の利益を図ることにより当社の社会的存在価値を高めるよう目指してまいります。

3.利益相反の適切な管理

お客さまの利益が不当に害されることのないよう、お客さまの利益を害する恐れがある取引に対し迅速に対応、処置できる体制を整え、常に利益相反にならないよう業務運営を行ってまいります。

4.手数料等の明確化

代理店に支払う手数料は、お客さまに提供する商品やサービスの内容に対する対価であります。当社は商品の採算性も考慮しつつ、お客さまに提供する商品やサービスの内容に見合った合理的な水準になるよう常に見直してまいります。

5.重要な情報の分かりやすい提供

保険商品は無形商品であり、お客さまからの信頼によって取引がなされていることに留意し、分かり易い商品内容、記載しやすい契約申込書の作成、満期情報の早期提供など誠実・正確・丁寧な対応を今後とも注力してまいります。

※死亡保険については「葬祭ガイド」、入院費用保険については「入院ガイド」を作成し、資料請求者(通信販売)にはパンフレットと同時に送付し、代理店には、保険募集時の説明資料の一つとして配布し、契約者により御理解を深めていただく工夫をしています。

※保険契約の満期日管理はお客様が行っていただくことになりますが、お客様が万一失念し、意図に反して無保険となってしまうトラブルの発生を未然に防止するため、保険契約の満期に際してお客様に時間的余裕をもって満期のご連絡を行い、確実に保険契約の更新をしていただくようにしています。

6.お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまの意向を十分に把握し、ご意向に反しないことをお客さまに確認してご契約をいただくとともに過剰な付帯サービスを避けるよう今後も一層努力してまいります。

※当社の少額短期死亡保険は、無選択に近い緩和選択制を採り、かつ、保険金請求日の翌営業日払い(初年度契約を除く)を実施し、また入院保険については、その保険金支払いにあたっては医師の診断書に基づくのではなく入院時に発行される入院(治療)計画書に基づいて支払うなど、お客さまが最も資金を必要とするときに対応できる仕組みになるよう工夫しております。

7.従業員に対する適切な動機付けの枠組み等

「お客さま本位の業務運営」を具現化することこそが、お客さまの信頼を勝ち取りさらには企業価値を上げていく最善の方策であることを十分認識し、その取り組みが実現する態勢を構築いたします。また、従業員への研修・報酬・評価への反映及びそのガバナンス体制の整備に今後も努力してまいります。

上へ戻る