葬儀保険とは

葬儀にかかる費用—全国平均は約231万円

葬儀には、どのくらいの費用がかかるかご存知ですか?葬儀が終わって、葬儀会社さんからの請求書を見て、「その金額の大きさに驚いた!」という消費者が非常に多いので、ここで葬儀費用について簡単に説明します。葬儀には、大きく分けると、次の3つの費用がかかります。

葬儀費用一式

お葬式を進行していくのに必要な基本的費用です。祭壇、お棺、骨壷、供花、ドラ イアイス、ホール使用料、葬儀司会者や通夜振舞いでの仲居さん等の人件費、事務用品、火葬料、遺体運搬費などが含まれますが、使用する祭壇やお棺などのグレードによって金額は異なります。

飲食接待費用

会葬に来ていただいた方へお出しする料理(通夜ぶるまい、精進落とし)や、返礼品の費用です。
もちろん、会葬者の人数によって費用が変わってきます。

宗教者への謝礼

お葬式をお願いした僧侶、神父・牧師、神官への御礼です。宗教や宗派などによって、金額が変わってきます。
これらの費用がどれくらいかかるのかといいますと、平成19年に日本消費者協会が行なった調査では、全国平均で、①葬儀費用一式:122.2万円、②飲食接待費用:33.9万円、③寺院の費用(お経料、戒名、お布施):44.6万円となっています。これが葬儀費用の実情ですが、人が一人お亡くなりになると、この葬儀費用だけでは済みません。病院にかかった費用の清算や、法要(初七日、四十九日)、法的な手続きや遺産相続に必要な手続きの費用、家財の処分や清掃の費用も必要になってきます。さらに、お仏壇やお墓・墓地を持っていない家では、それらを購入する費用なども必要になってきます。


注目され始めた葬儀保険

葬儀や葬儀以外にも何かと必要となる費用を十分に賄えるだけの財産をお持ちのご家庭は、「いざ」というときでも問題はありません。しかしながら、少子・高齢化が加速度的に進んできたことから、

・葬儀の会葬者が少なくなったことから、香典も減少し、葬儀代を賄えなくなってきた
・生前の医療費用や介護費用の負担が増え、葬儀費用まで負担しきれない
・喪主である子供も年金生活者となり、将来の自らの生活に不安を抱え、親の葬儀費用などの出費は極力抑えたい
・一人っ子同士が結婚した場合、4人の親を送ることとなり、費用負担はそうそうしていられない

と実感された方、考えている方が増えてきているのです。
そこで、最近、注目されてきているのが、葬儀や葬儀に関連する費用を支払うことを目的とした『葬儀保険』です。この『葬儀保険』を利用されるのは、

・自分の最後のことで、子供たちに金銭の心配をさせたくない、と考えるご両親
・親をきちんと送るために、無理のない負担で資金準備をしようと考えるお子さんです。

葬儀のことを考える年代になると、『持病があって、一般の生命保険には加入できない』という方々も増えてきます。また、『葬儀費用の補完』という点に目的が絞られていますから、高額の保障は必要ありません。こういう方々のニーズに応え、葬儀費用の負担軽減に特化した保険が『葬儀保険』なのです。

上へ戻る